夜更かしにコーヒーを一杯

寝れない夜のお供にinオーストラリア

僕とKと、時々りんご。

りんごは好きですか?

僕は大好きです。

丸かじりするのが美味しいんですよ。

 

1番好きな果物、というわけではないのですが、

どういうわけか1番頻繁に食べる果物。

親友がりんごが好きというのもあるのかも。 

 

僕は現在、カフェ、のようなところでバイトをしています。

果物屋の一角を借りてコーヒーを淹れるバイト。

シフトに入るのは僕とコーヒーの師匠。

しかし師匠は忙しいのでほぼ僕しかはいりません。

 

コーヒーを飲みによく友達なんかが来てくれます。

その中でも1人変な奴がいました。

 

彼は僕の親友。名前は了承を得てないので、Kとしましょう。

夏目漱石のこころのような呼び方。

 

Kはとても変わっています。

 

僕がクラスに20人いる静かな子、だとすれば

Kはクラスに1人の人気者、といったものでしょうか。

 

Kと一緒にいると退屈しません。いつもうるさい。

何かにつけてちゃちゃを入れたり騒いでいつも場が暖かいです。

 

僕がコーヒーを淹れていると、よくKは来てくれました。

 

K「お、今日もコーヒーやってんじゃん!」

僕「うるせ〜。なに、コーヒー飲む?」

K「いや、今日はいいや。おばちゃんりんごくださーい!」

 

といって1番お店に来てくれてほとんどコーヒーは飲まないのです。

冷やかしにもほどがある。友達じゃなければつむじにコーヒーかけているところ。

 

 

この夏のことでした。

僕とKは朝風呂へ行こうと急になって、地元の温泉へ。

温泉っていうとある程度お喋りはするけどもあまり騒いでは他のお客さんの迷惑になりますよね。

なるべく静かにゆっくりと入るのがいつもの僕。

 

さぁて、ゆっくりと右足から入r、

ザッパアァァアアアアアン!!!!!!!!

 

ええっ?!と隣をみれば北島康介も引くくらいの飛び込み。

 

なんも言えねぇ。

 

北島康介もこんな勢いできっとあの名言を行ったのだろう。

 

 

そんなこんなで朝風呂を満喫。

いい湯だったなぁと言いながら着替えていて、

僕は風呂上がりのご褒美はコーヒー牛乳とミックスジュースどちらにしようなんて考えていた。

ふと、「あー、腹減ったなぁ」

と呟くと

「俺朝飯持って来てるで!」

一口分けてやるよしゃあねぇなぁみたいな言い方でKが言ってきた。

 

コーヒー牛乳を買って帰ってくると奴は朝ごはんを食べていた。

 

りんごである。

 

 

きこりの生活か。

と思わず突っ込んでしまった。

友達と温泉に入りにきてりんごを食い出されたのは初めてだ。

というか朝ごはんにりんごを持ち歩いている人に出会うのも初めてだ。

 

「このりんごまじうめぇ。やっぱりんごはサンふじやわぁ。」

「知るかよ。」

 

と言いつつ俺も一口。

あっ、美味。

 

なんでこんな美味いんだよ!とKと風呂上がりの林檎談議。いやほんとりんごってのは丸かじりが1番美味しいですよ。

 

するとその時であった。

 

店員「あのぉ、すみませんお客さま。」

 

僕   「はい?どうかしました?(忘れ物でもしたかな?)」

 

店員「大変申し訳ないんですけれども、」

 

僕 K 「???」

 

店員「店内飲食物のお持ち込みはお断りしておりまして(半笑い)」

 

K     「あー!すみません!りんごだめですよね!

りんご持ち込んだやつな僕が初ですかね?」

 

店員 「そうですねぇ(笑)でも、とても美味しそうですね!」

 

と3人で爆笑。

そりゃそうだ。

りんご持ち込んでくる奴は初でしょう。

優しい店員さんでよかった。。。

 

 

 

そんなKは上京していった。

彼には彼の目標や理由があるのだろう。

 

いつだって置いていかれる側というのは寂しいもので、これまた夏目漱石を彷彿とさせるようで。

コーヒーを淹れていても、ふと今日はK来たりしないかな、なんて思ってしまったり。

 

でも彼と会うのはしばらくしばらく先。

元気でやってんのかなぁ。なんて考える。

 

でも「林檎は医者いらず」というか。

今日もどっかでリンゴかじってんだろうから、

元気でやっているのであろう。

 

となるとこの町のりんごの消費量が減るな。

どれ、俺が補っておこうじゃないか。

 

 

親友の生活を応援しつつ、少し寂しさもある。

今日は電話でもしてみようかな、なんて思いながらりんごをかじる。

 

どこか甘酸っぱい、まるでりんごのような僕とKの夏の思い出。