夜更かしにコーヒーを一杯

寝れない夜のお供にinオーストラリア

【激闘】お部屋探し物語inシドニー

お恥ずかしい話、僕は生まれてこのかた一人暮らしをしたことがない。

 

高校を卒業し、大学は地元の大学。

一人暮らしをする程の距離じゃないので、実家通い。

かつては「バイトをして自分で一人暮らしをするんだ!」

なんて考えていましたが、それもすぐに消失。

そんなお金もなく貯まらなかったので、実家に。

 

 

さて、話は変わりますが、いま僕はオーストラリアはシドニーに来ています。

留学、っていうやつですね。(厳密には違いますが)

 

通っている大学では、あまり十分な支援が得られなかったため、全て自分で決めて今回の留学を決行しています。

 

学校も家も、オーストラリアに来てから決めるようにしていたので、始め1週間はゲストハウスのようなところへ住むようにしました。

 

てなわけで、家も自分で決めなければなりません。

 

なんやかんやと最初は忙しく、家を探し始めたのはこっちへ来て4日目。

チェックアウトまで残り3日。

 

 

 

僕が思うに、シドニーでの留学生の一般的な家の見つけ方は3つだと思います。

 

1、留学会社から指定された所へ行く

2、知り合いの紹介

3、自力で探す

 

僕の場合、今回は3の自力で探す、です。

 

そしてオーストラリアでシェアハウスはリビングシェアをする場合は、JamsTVという日本人向けサイトを使うのが主流です。

家だけでなく、留学が終わり帰るとなっていらなくなったものが売っていたり、求人情報が載っていたりなど、役立つ情報がたくさん載っているサイト。

 

そして家の場合、

1、気になる家を見つける

2、見学したいとSMSを送る

3、家を実際に見る

4、気に入れば契約に進む

 

という形。

 

なんだ簡単じゃないか、と思い、気になる家に片っ端からSMSを送りました。

 

しかし世の中そんなに甘くはありませんでした。

 

 

 

そもそもSMSの返事がこない。

 

めちゃくちゃ送りまくって、十数件ほど送って返事が来たのは4件。

しかもその日に返事が来たのは1件。

 

とりあえず見学に行かねば、と思い2件を次の日に見学へ。

 

 

まず訪れたのは、記事によると10人のシェアハウス。

いろんな言語の人がいる、ということでメールしてみた。

そして家賃が少し高かったので、きっとそれなりに綺麗なんじゃないかと思っていた。

 

 

オーストラリアでは、基本的に何を払うにしても週ごとにやり取りされる。家賃や給料など。

 そして家の場合、敷金礼金的なもので、ボンド(bond)というものを払わないといけない。

大体は2週間分の家賃の値段を、入るときに払って、退去するときに返ってくる仕組み。

 

 

さて、最初に訪れた少しお高い10人の兵士が住む城。

お手並み拝見といこう。

 

 

初手、ベッドルーム、2段ベッドの3段構え。

お母ちゃんにもらった僕のこの体。

ありがたいことに成長に成長を重ね、185cmまで成長しました。

恐らくこのベッドルームにこの大きな体は当てはまりません。

その時点でもう候補から外れる。

そしてキッチン、トイレ、洗濯場の清潔感皆無。

そしてなんかオーナーの態度が気に食わぬ。

ここは無しだ。

 

 

二件目。

オーナーは日本語が話せる韓国のおじさん。

見た目はクレヨンしんちゃんに出てたメガネでロン毛でデブの冴えないオッサンそっくり

 

まずベッドルーム。

最悪です。

囚人の漫画で見たいような、薄暗い電球の下に雑にマットが敷かれている、湿気た部屋。

なんだよここ。。。。

 

次に通されたのはキッチン。

生まれて初めて家に蚊柱というか虫が湧いているのを見た。

 

本当にここには人が住んでいるのか。。。

 

 

 

50ラウンド戦い抜いてボコボコにされた気分でした。

なんだよあれ。

バイオハザードとかで害虫キャラが出てくるようなとこだったぞ。

むしろもうハザード起きてたわあれ。

 

家探しってこんなに大変なんですね。。。

 

 

想像していた海外と全然違いすぎて、もう帰りてえ。。。

 

 

 

 

 

翌日、残りの見学へ。

正直なんの期待もしていなかった。

とりあえず虫が湧いていなくて綺麗なベッドさえあればなんでもよかった。

 

 

伺ったのは、オーナーが日本人のお部屋。

なんと瀬戸内海出身の方で、お母様は愛媛出身。

なんだか親近感が。

 

お部屋を見させて貰うと、それはそれは綺麗な(普通の家レベル)お家で、ちゃんと綺麗なベッドで、虫なんか湧く様子もないキッチン。

なんとプールにジムまで付いている。

 

 

思わず泣きそうになった。

ああ、日本ってなんて裕福な国なんだ。。。

自分は生まれた次点で、世界で観るとそれなりに裕福な層にいる。

その時点で、世界の半分以上の場所が、不便、居心地が悪い、と感じてしまう。

ああ、なんて勿体無いんだ。

 

 

いや別に思っただけでそれが治るわけじゃないんですけどね。

 

軽く潔癖な僕からすれば中途半端は汚れた環境は本当に厳しい。

もうこの家にしよう。

 

 

 

 

ということで、シドニーに来て6日目。

無事家を発見しました。

シェアルームで、住んでる人がみんな日本人で、

英語力の向上には少し向いてないかもしれないけど、努力で補っていこうと思います。

 

 

 

 

 

オウチダイジ。

f:id:s-k-blackcat0428:20180506211838j:image

オペラハウスにも行きました友達いないんでセルフタイマー。