夜更かしにコーヒーを一杯

寝れない夜のお供にinオーストラリア

「大人になる」定義

大人っぽいね

 

子供だなぁ

 

大人買い

 

子供心

 

 

 

世の中、一体いつから大人なのでしょう。

階段は何段登れば大人フロアへ到達するのでしょうか。

 

 

僕の中のひとつの指標として、500円を安いと思えてしまうとそれは大人なんじゃないかな、と思うんです。

 

 

 

皆さんの家計方針が如何なるものだったかは存じ上げませんが、幼き頃、我が家はお駄賃制度が主な稼ぎどころでした。

 

肩たたき、腰踏み、お洗濯、洗い物、それぞれに時給があり、金額×時間 でお小遣を手に入れていました。

 

友達と駄菓子屋とかゲーセンに行くのがすごく好きだった僕。

お金はどれだけあっても足りません。

 

せっせこせっせこおかんの腰を踏んで、眠い目をこすりながら洗濯物を干すのを手伝い、ようやく手に入れた500円。

 

 

500円もあればUFOキャッチャー6回できます。

それの回数を減らせば駄菓子まで買えます。

タラタラしてんじゃねえよ、ガブリチュウ、モンスタースタンプ、よっちゃんイカ、きなこもち、チューチューアイス

 

 

 

ああ、500円は大金です。

 

 

夢は500円で買えるんです。

それは21歳になった今でも。

 

 

いや別にそれほど貧しい訳じゃないですよ。

 

 

 

すなわち何が言いたいかというと、子供心を忘れてしまえばきっとそれはもう大人ですよ、と。

 

そしてそれはきっとつまらない大人じゃないか。

 

 

 

 

ワクワクを、ドキドキを忘れてしまったら、

それはもうつまらない大人の出来上がりです。

 

 

 

つまり僕は大人になりたくないよ、って話でした。

 

 

あー、よっちゃんイカ食いてぇ