夜更かしにコーヒーを一杯

寝れない夜のお供にinオーストラリア

狐の嫁入り

シドニーは連日、雨模様です。

 

ネットの情報によると、一年を通して6月というのは結構雨が降る時期らしい。

 

皆さんは、雨好きですか?

僕は大好きです。

 

コンクリートの濡れた匂いや、降ってきた水の音。

のんびり部屋で本を読むでも良し、雨を楽しみに外に出るのも良し。

 

多くの人が雨ってやる気なくすじゃないですか。

僕ひねくれてるんでみんなが元気無い時、意味もなくテンション上がってくるんです。

 

お前らもっと元気だせよ!雨だぞ!!!!!って。

 

 

 

今日は普通の雨ではありませんでした。

狐の嫁入りでした。

 

皆さん狐の嫁入りってご存知ですか?

いわゆるお天気雨ってやつです。

 

地球ってやつは乙な奴で、雨と晴れを合体させちゃうんです。

憎めない。

そして人間というのはそれは狐の涙だー!なんつって狐の嫁入りと名付けるんです。

 

みんな洒落てるなぁ。

 

 

 

いつかの雨の日、宿題を忘れたかなんかでものすごく怒られたことがあった。

 

僕はずっと宿題をやらない側の人間だったので、黒板の左端にある「宿題未提出ブラックリスト」に名前がいつも載っていた。

 

面倒くさいから、先生怒らないから、遊んでいたいから、自分に都合のいいように言い訳並べていつも宿題はやらなかった。

 

そんなある日。ものすごく怒られた。

 

まあ当然なんだけどね。

あまりにも酷いですよと。

今だから脅しだとわかるけど、学校来なくていいなんて言われました。

 

雨で部活がせっかく休みで、友達と遊ぶ約束をしていたのに。

当初の倍以上の量の宿題を出され、教室に残ってやるよう言われた。

流石に逃げられなかったので、渋々ひとりで残ってやっていた。

 

 

ひとりの教室というのは不思議な感覚で、優越感というか、謎の高揚感に包まれる。

 

周りに誰もいないことを確認して、好きな曲を口ずさんだ。

友達の机に落書きなんかして、明日どんな顔して見るのかなんかを思い浮かべた。

 

 

ふと、好きな子の机を見た。

 

手紙なんか、机の中に入れてみようかな、

 

いやいや、気持ち悪がられるだろ。

男は面と向かって直接告白だろう。

 

 

ってそんな勇気もない。

 

 

名前書かないで、気持ちだけ伝える、とか

 

伝えた後どうなるのよ。

 

 

でも、今なら誰もいないし、そういうのもありなのかな、

 

 

 

「宿題終わった?」

 

 

窓から先生が声を掛けてきて、変な声が出た。

 

もう少しで終わると伝え、再び宿題をする。

 

 

 

結局手紙は書かなかった。

 

先生に宿題を見せに行く。

 

 

 

あなたはやればできるんだから、あと伸ばしにしないように。

 

 

怒られた後の、褒めってどうしてあんなに響くのか。

 

 

普段はちょっぴり嫌いな先生が、その時だけは大好きだった。

 

 

帰る頃には雨も落ち着き、小雨だった。

傘持ってきてないけど、まあ濡れて帰ろうか。

 

靴を履いて外に出ると、だんだん明るくなってきた。

 

先生にさようなら、と挨拶。

 

狐の嫁入りですね今日は」

 

「何ですかそれ?」

 

「天気雨のことですよ」

「あなた明日からの成長を願ってのことですかね」

 

「明日からは宿題頑張ります」

 

 

その日からだろうか、雨が好きになったのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ嘘なんですけど。

っていう狐に化かされたかのようなお話でした。

 

ところどころは本当ですから、そこはご想像にお任せします。

 

 

じゃあ。