夜更かしにコーヒーを一杯

寝れない夜のお供にinオーストラリア

明日死ぬとしたら

「明日死ぬとしたら何をする?」

 

 

 

なんて話、今までに一度はみんなしたことあると思う。

全裸で町走り回る!とか、好きなものいっぱい食べる!とか、各々の思う最後の1日があると思います。

 

 

じゃあ、

「あと一年で死んでしまうとしたら、何する?」

 

365日後に死んでしまう。

それなりに期間はある。

きっと、世界を一周する!とか、好きなこと以外しない!とか、時間の猶予によってしたいことの形が変わると思います。

 

 

それでは、

「80歳で死ぬとしたら、何をする?」

 

家庭を持ったり、家を買ったり、はたまた1人で仕事しながら趣味に没頭したり。

 

 

 

結局何が言いたいかというと、人は死ぬ時は死ぬ。

 

 

地震が起こって家がぺしゃんこになって死んじゃうかも。

いきなり通り魔に襲われて刺されて死ぬかも。

急に脳の血管が切れて死んじゃうかも。

 

 

 

神様は公平なので、人を必ず死ぬようにしています。

それが早いか遅いか。

 

今の自分にとって必要なのは、目の前にある時間をいかに自分が求める時間に変えるか、ではないか。

 

 

 

 

もちろん人間だから、サボったり、逃げたくなるとこはある。

勉強したい!と思っていても、今日学校嫌だなー、なんて思って、気がつけばベッドで目が覚める。

毎日完璧に過ごすなんていきなりは無理。

 

でもそこで、明日は行こう!とか、起きれなかったから今日は早く寝よう、とか、

 

起こった事実は事実。それをなかったことにしてはいけない。

その事実を踏まえた上での改善、対策を打つ。

 

ミスったりもする。

小さな失敗から、たくさんの人に迷惑をかけるほどのミスも。

でもミスって初めて、それは違ったんだ、次からはこうしよう。という学びにつながる。

 

もちろんミスった分、機会は失われる。

でも0になるわけではない。

世の中には腐るほど機会が転がっている。

 

明日死ぬなら、とかSNS越しの友達に言っている間に、一歩外に出て機会を拾いに行く。

疲れているなら家で好きな本とか映画を見るのも良し。

 

 

 

いつ死ぬかわからないという危機感と、時間は欲しくても買えないということを胸に、

 

 

 

今の自分に出来るベストを。